EDの治療とアムロジンOD錠と緑内障の関係

緑内障になると視神経に障害が出るので視野が狭くなって日常生活の中でケガをしやすくなったり、階段を下りにくくなるなどの症状がでますが、目薬を使用して眼圧を下げることで視野狭窄を抑制することができるので、早期発見と早期治療が重要です。緑内障の人口は近年増えつつあり特に若い世代で多く見られています。スマートフォンなどの小さな文字を見過ぎることで眼圧が高まり、それによって緑内障になることが多いので、スマートフォンの利用を制限するなどの対処が必要になります。アムロジンOD錠は高血圧や狭心症の治療薬で、血圧を下げる働きがあります。高血圧は生活習慣を改善することで治療をすることができますが、合併症や緊急性がある場合にはアムロジンOD錠を処方して早期に血圧を改善します。基本的には塩分のとり過ぎや体重の増加、運動不足などを防ぐことで高血圧を改善することができるので、アムロジンOD錠を服用すると同時に生活習慣の改善にも取り組まなければなりません。EDは勃起不全の症状が出るのですが、心因性の原因が多いのでカウンセリングや抗不安薬によって精神状態を安定させることでEDを改善できる場合がありますが、勃起改善薬を用いることで勃起状態を維持することができるので、薬だけを手に入れる男性が増えつつあるのが現状です。EDに関しては医療機関を受診すると原因を見つけるために血液検査やレントゲン検査が行われて、糖尿病や動脈硬化などがないか調べますが、費用が高額になることからインターネットの個人輸入で薬を手に入れて、治療をするED患者が増えています。ED治療に必要な薬は自由診療なので薬代が1錠あたり2000円以上なので安価なジェネリック医薬品を使う人が多くなっています。