そもそも勃起はなぜ起こる?勃起の原理から知るED

EDとは勃起不全の症状を意味する言葉です。
ただし勃起不全と言ってもその程度を共通化するのは難しいため、満足な性交渉を行うのが難しい勃起状態と言う意味で使用されることが多いです。
EDが発症する原因は様々ですが、これを理解するためには、まずは勃起がどのようなメカニズムで起こるのかを理解する必要があります。
勃起はまず、性的刺激を受けることから始まります。視覚や聴覚などで感じた性的刺激は、脳によって信号化され陰茎に伝わります。
すると陰茎にある陰茎海綿体の動脈が拡張し、そこに勢いよく血液が流れ込みます。
陰茎海綿体はスポンジのような構造をしているため、その血液を吸い込むと大きく膨張し、硬さを増します。
その状態が陰茎が勃起している状態であり、そのメカニズムです。
つまり勃起は、性的刺激を受けること、脳の信号が陰茎に伝わること、そして陰茎海綿体の動脈が勢いよく血液を流すことのみっつが揃っていてはじめて行われると言うわけです。ですからEDは、この内のどれか、もしくはすべてに何らかの問題が発生していることが原因と考えられます。
たとえば性行為に対してプレッシャーや嫌悪感、あるいはパートナーに対して不信感などがあると性的刺激はどうしても得にくくなります。
これは過度なストレスがあったり、悩み事があったりする際にも言えることです。
そしてケガや病気、また服用している薬の影響によっては、脳からの信号が伝わる神経系に支障が発生することもあります。
その場合、性的刺激は感じたとしてもそれが陰茎に伝わるのは難しくなってしまいます。
そして血流に影響を与える薬を飲んでいる、あるいは動脈硬化や高血圧など、血管に関する疾病を抱えていると、陰茎海綿体の動脈の広がりや、その血流も不十分なものになりがちでEDが発生しやすくなります。
またこれらが複雑に絡み合って、EDが発症することも少なくありません。

ED若年化の背景は現代社会との深い関係にあった!

EDは主に中高年が悩みに感じる症状でしたが、現在では若者でも男性機能が上手く働かずに悩みになっている方も増えているようです。
そして若者がEDになってしまう原因は現代社会と関係があります。
原因になり得る要因として仕事からくるストレスや疲労が挙げられます。
昨今ではよく耳にするようになったブラック企業というワードですが、こういった企業に勤めている場合は過酷な労働環境の中に置かれてしまうことがあるのです。
ですからストレスも感じ易くなりますし、さらに重なる過労によって男性機能も働き難くなってしまいます。
男性機能が衰えることによってパートナーとの性行為の際にも支障がありますが、その際に失敗してしまうこともEDを酷くする原因です。
性行為の際に勃起不全が起こったり、中折れが発生することによってパートナーとの熱も冷めてしまいますし、それが失敗の経験として脳裏に刻まれてしまいEDが酷くなるようなこともあります。
その他にも原因になるのがうつ病や総合失調症といった精神的な病気です。そしてうつ病などが発生する原因も過酷な労働が原因だったりしますし、それによってEDになる若者も少なくありません。
基本的には肉体的な疲労や精神的な疲労によってEDになってしまう若者が多いのですが、改善する為には環境を改めていくことが大事であり、時には治療薬を利用するなどして対策を行った方が良いこともあります。
中高年の場合は肉体的な衰えが原因になっていることがありますので年齢的なこともあり改善が難しいこともありますが、体力のある若者なら改善させることは十分に可能です。
ただ適切な対策をしないと改善が難しい為、EDの根本原因から整えるといった工夫が必要と言えます。

まだ若いからこそED改善に向けて今できること

勃起がじゅうぶんに行われるためには、性的刺激を感じること、それがしっかりと脳から陰茎海綿体に伝達されること、そして陰茎海綿体に血液が流れ込むこと、このみっつが必要不可欠です。
これらの機能は年齢を重ねることでどうしても低下していくものですが、最近では若い人にもこれらの機能の低下が見られることも多くあります。
そしてそれを原因としてEDが出てくると言うわけです。
体の機能に関しては、若い人であれば薬などを使用しなくても改善をはかることはじゅうぶんに可能です。ですからEDの症状が見られた際には、その若さを味方につけてED改善に取り組むことが必要です。まず食事内容を含め、生活習慣が乱れていると言う人は、それを改めることが改善につながります。
睡眠不足が続いていたり、ストレスや疲れが溜まっていると、性的刺激に対する感覚は低くなりがちです。
また性的興奮の高まりも阻害されがちです。
それから陰茎海綿体に流れ込む血液の流れは、全身の血液がドロドロしていたり、あるいは血管に負担がかかっていたりすると悪くなってしまいます。そしてこれには、食生活や喫煙、飲酒が大きく関係しています。
喫煙や飲酒は控え、血流を良くする野菜や海藻類もきちんと食べることが求められます。
肉類に関しては、脂質の多いものは避け、赤身のものを食するようにすると良いです。
またきちんとした健康診断を受けると言うのも、ED改善のためには重要なことです。若いから大丈夫と言う人も多いかもしれませんが、若い人でも糖尿病や高血圧などにかかる可能性はじゅうぶんにあります。
これらの疾患はEDの主な原因のひとつですし、それを除いても健康においては重大な要因です。
満足な勃起は体と心の健康が保たれていてこそ、実現できるものです。
若い人においては、それを自覚して、自分自身の体と心をいたわる視点を持つことも必要なことです。

■媚薬で女性をその気にさせましょう
媚薬 女性
■3大ED治療薬のそれぞれの特徴
ED治療薬
■こちらのお薬もおすすめです
カマグラゴールド
■3大ED治療薬で人気があるのはこれ
レビトラ